• Koji Kishita

飛砂を留めるには



海岸侵食災害を考える会が、笹を使った垣根を試しに作るということで参加させていただきました。中田島砂丘には竹すだれを使った堆砂垣が使われていますが、お金も相当掛かる上に劣化する過程で竹が縦割れして鋭利になり裸足で歩くと怪我をすることもあります。

先週行った浜岡砂丘で粗朶垣(そだがき)が海岸沿いに並べられているのを見たので良いタイミングでした。

耐久性と飛砂を留める効果はまだ分かりませんが、行政の支援も無い、守る人手もいないなかで手軽に作る方法を確立するのは大事なことです。

加えて、作り方や風向きに対してどのように立てるかを定めたルール、必要な場所などの共有ができれば、浅くても広い支援の輪が広がる可能性も広がるのです。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Pinterest Social Icon

さようなら中田島砂丘 Copyright © Koji Kishita All Rights Reserved.